ドバイ帰国後の隔離生活

代表ブログ

こんにちは。ビューティー企画藤井です。

今日は、ドバイから帰国後の隔離生活についてお伝えしたいと思います。

帰国後、ホテルでの隔離生活が始まりました。

ホテルの部屋から一歩も出ることが出来ず、朝昼晩届くお弁当を食べてひたすらリモートワークをする毎日です。

コロナ禍になりリモートワークが推奨され始めたころ、“コロナ太り”という言葉をよく耳にしましたよね。

データにもあるように、運動不足を感じる人が増えたという話題がありましたが、実際にホテルでの隔離生活をしてみて本当にその通りだなと感じています。

 

リモートワーク以前は、毎日の通勤で歩き、営業の人は昼間も外を歩きまわり、ジムに通わずとも日中の行動がそもそも運動になっていましたよね。

しかし、リモートワークになると、毎日パソコンの画面の前に座り、家の中や近所のスーパーまで歩くくらいしか体を動かすことがなくなってしまうんですよね。

コロナ禍で、解決すべき問題は多数取りあげられていますが、“コロナ太り”も解決すべき悩みですね!

 

今回の隔離生活でも、リモートワークで頭は使うが、体は使わない。

しかし、3食しっかり食べている。

脂肪が蓄積されていく一方ですね・・・

歳を重ねるごとに脂肪が付きやすくなりますよね。

コロナ禍でのダイエット事情について考える必要がありそうです!

 

私自身、何日かホテルで生活をしてみて、運動不足でこのままではダメだと思い、自主隔離になってからはプロテイン生活に切り替えました。

落ちた筋肉を戻すため、そしてこれ以上筋肉が落ちないように。

部屋でできる簡単な運動とプロテインで、“脱コロナ太り”です!!

 

コロナ禍による影響もあり、今後肉体労働が減って、ますます頭脳労働へとシフトしていくでしょう。

サロン、飲食店のようなサービス業における肉体労働のどの部分を頭脳労働に変えるか、お客様の満足度を上げながらどう効率化を図るか、オンラインとの融合はニューノーマル時代のテーマですね。

関連記事

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031