これまでの延長線上に答えはない

代表ブログ

こんばんは。ビューティー企画 藤井です。

10月もあっという間に終わり、2020年もあと2ヶ月となりましたね。

年賀状の発売やお歳暮商戦がそろそろ始まり、「ちょっと今年は早すぎる!」なんて思う方が多いのではないでしょうか?

2020年の年明けに突如世界を恐怖に、そして世界を寸断させたコロナウイルスによって私たちの生活は一変しました。

当たり前だった人との距離感。

当たり前だった日常生活。

当たり前だった世界との行き来。

それはもう言葉で言い表せないぐらいで、「ニューノーマル」なんて言葉が出てくるぐらい強制的に新しい思考へと
変化させられていっています。

 

ちょうど私が「定期的にブログで情報発信をしよう!」と思い最初の方に書いた記事。
2018年10月上旬に執筆した内容ですが、その時からはっきりと答えは出ていました。

マーケティングとイノベーション

「今までの延長線上に答えはない」

コロナはこんなことを明確に答えとして出してくれました。

今までのエステ業界は、技術を磨き、施術時間や行程を増やすことで顧客単価アップを図るのが世の常識でしたよね。

ですが、今はどうでしょう?

「人との距離感がお互いの身を守る」それが世の常識なのに、施術時間が長い=接する時間が長いため、世間の考えと逆方向に行っちゃってます。

技術を磨くことは素晴らしいです。

ですがお客様は素人なので少々の技術の変化には気づかないですし、技術の上手い下手は売上には貢献しにくい部分であります。

それなのにエステオーナーさんは技術磨きに必死になり、「新しい技術を見つけては学びにいき…」を繰り返す…。

エステティシャンはただでさえ重労働なお仕事でお客様との施術時間までも増えてしまっては、どんどん仕事が辛くしんどくなる一方…。
スタッフ育成は教育に時間がかかりなかなか人が育たない。育つ前に辞めてしまう…

それではいつまで経ってもプレーヤーから抜け出すことはできず、コロナの影響で消費者のニーズが変わってきていることをキャッチしてメニューや接客に組み込まなければなりません。

時間短縮で単価アップを狙うコツは…1回で素人でも分かる変化!

 

【たった15分!1回の施術でキュッとお顔が引き上がる!】

こんなキャッチコピーを見れば、「15分?しかも1回で顔が上がる? なになに?」と興味を引くことができます。

忙しい方は15分という短時間に魅力を感じ、お顔のたるみが気になる方はたった1回という短さに魅力を感じ、今までエステで1時間以上も時間を費やしていた方は、こんな短いのならどんな風になるのだろ?と興味を湧きますよね。

あなたのエステメニューのキャッチコッピーはどんな風ですか?

キャッチコピー一つでも様々な角度から異なるジャンルのお客様を引きつけるのが、新しいエステです!

今までやってきたことの中で経験値は素晴らしい!技術も素晴らしいです。

ですが、時流の流れに乗ることをしなければ売上アップやサロン存続すらも難しい時代に突入しています。

 

弊社のRe-Bornシステムはまさにこれらを総合的に取り入れた画期的なビジネスモデルです!

助成金を活用して導入店舗も増え、有難いことに導入店舗の売上高は右肩上がり!

ニューノーマルの時代をRe-Bornシステムでサロンにイノベーションを起こしませんか!?

Re-Bornシステムについてはこちら

関連記事

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30