コロナ禍でどう生き残っていくか…。

代表ブログ

こんにちは。ビューティー企画 藤井です。

暑い夏がいつの間にか過ぎ去り心地よい風が通る秋の気候。

感染者数の増加が少し落ち着きが出て、大阪の梅田界隈もずいぶんと賑わいを取り戻しつつあります。

ただ大阪の一等地である梅田駅周辺。
人の動きは増えていますが、ちょくちょく目にする閉店の張り紙や良さそうな立地の空室…それらが目立つように思えています。

先月は東京出張の際にいろんな場所へ今後のオフィス設置のため物件を見にいきました。

そこで驚いたのが、大阪以上に優良物件と呼ばれる物件が大量にありました!
「こんな一等地でも?」と思う場所や、「こんな安いの?」って言えるほどのおいしい物件がたくさんありました。

これって借りる側からは願ったり叶ったりなんですが、不動産価値の下落が少しづつ始まっている可能性も無視できません。

その中でも「銀座」だけは地価が落ちず、コロナ禍の前と同様…これもまた「銀座というブランド力」と「期待値」によって
地価が守られている証拠でもありますね。

一度銀座の物件を手にしたら絶対に離したくなくなる「ブランド力」と「何か」が銀座にはあるんだな…と物件を見回りながら、
今の経済状況との乖離が面白くも感じました。

話は変わりますが、「これからどうすればいいかわからない…」そんな悩みを抱える経営者は少なくありません。
個人サロンオーナー・整骨院先生といった個人経営者も大変な状況が続いています。

不安・売り上げ低迷・閉店…不安になればなるほど焦りと正しい判断ができなくなり精神的にいっぱいいっぱいになる気持ちは
とてもわかりますよ!

もう店を閉めよう…。もう終わりにしよう…。そう悩む経営者はごまんといます。

ですが考えてみてください…。本当にコロナが原因ですか?

コロナだからお客さんが減った。

コロナのせいで営業ができなかった。

コロナが!コロナが…。

 

あなたは、いつまでそれを言い続けるのでしょうか?

コロナはあなたのお店にだけきたのではありません。
地球上に住む一人一人が何かしらの影響は少なからず受けているのです。

コロナは確かに急にきて大きなダメージであったことは間違いないですが、その前から前兆はあったり、気づいていても対応して
いなかっただけではないでしょうか?

コロナの中でも不安と恐怖を感じながらも、前を向いている経営者もこれもたまごまんといます。

あなたはどちらの経営者になりたいですか?

関連記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031