営業の鉄則

代表ブログ

こんにちは。
ビューティー企画 藤井です。

今月もまたシンガポールへの出張が決まっており、年内は大阪・東京・アジアの3箇所を拠点に
ビジネス展開していくのが明確になりました。

 

つい先日、「コース契約がなかなか取れない」というサロンオーナーさんとお話をさせていただきました。

サロンの現場にも入ることもしばしあるので、こういう悩みはスタッフからもよく聞きます。

結論から申し上げますと、「営業の鉄則である、シナリオをこちら側が持っていない」
それが大きな理由です。

シナリオ?なにそれ?

そんな声が聞こえてきそうですが、
お客様の未来像までのシナリオが頭の中で書かれていないから、お客様をやる気にさせることができない。

要するにお客様をゴールに誘導できていないということが、会話の中で起こってしまってます。

きちんとお客様のなりたい未来像を描き、共有していく。

お客様が理想に近づくとわかっていれば、いちいちお客様の交わす反論に動揺もせず、
返ってきたお客様の言葉を受け止めて、お客様の本音を拾って、
どうしていけば良いのか…歩み寄ったりA案がダメならB案を提示してみたり…。

全てこちら側がハンドルを操作しなければ、お客様は途中で離脱します。

それがコース契約の場合は契約に至らない…お客様を取りこぼしてしまう結果になってしまいます。

お客様は何かの理由があってあなたのサロンを選んできています。

金銭面・立地・通いやすさなどいろんな判断を総合的にしていますが、
やはり最後は「人」ではないでしょうか?

「こんないい提案をしてくれたなら頑張ってみよう」
そう思ってもらいたいのなら、あなたがゴールまでのシナリオをすでに持っておきましょう!

 

そのゴールこそ、お客様にとって喜んでいただけるサービスや技術であります。

 

 

関連記事

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031