大手サロンのこれから

代表ブログ

こんにちは。

ビューティー企画の藤井です。

 

ちょっとずつブログ更新を頑張ってます(笑)

 

前回は個人サロンの現状の記事を投稿したところ、

実際に個人サロンの先生から、

「どうしましょー(泣)ほんと書かれていたその通りですよ」なんて連絡をくれたぐらい

個人サロンの生き残りも激化していますね。

 

では、資金体力がある大手サロンはどうでしょうか!?

 

結論から申し上げると、

この5年ぐらいでかなり経営が厳しくなると思います。

大手サロンは、破壊的イノベーションが起こせない…・

 

その他にも、

大手サロンは個人サロンと違い、固定費の割合が大きいのがネックですね。

 

・店舗の家賃・修繕費といったサロン本体の維持

・スタッフの人件費・福利厚生費・教育費

・光熱費・通信費・広告費

 

などなど、

大手だからこそ悩ましい固定費を無駄にせずに、

いかにフル活用できるかが今後の課題になってくるかと。

 

もちろんお客様へのサービスや技術に劣ってはいけません。

 

そして一人のお客様が満足し、

どれだけ高単価で長い期間通い続けていただくメニューや接客を

心がける必要もあります。

 

売り上げ=顧客単価×顧客人数

 

この図式を徹底的に頭に叩き込んでください!

 

シンプルですが、売り上げが上がる公式はこれだけです。

ここに接客は含まれませんよね…かと言っておろそかにもできません。

女性は感情豊かな動物であることを忘れてもいけません。

 

いかに一人でも多く一人でも高単価のお客様に

サロンへ通い続けていただく…これに尽きるのです。

 

なので、大手サロンならばスタッフがある程度人数もいますし、

・回数券によるコース販売

・物販

・物販リピート

この通い続ける+買い続ける 図式も必要ですね。

 

 

大阪は9月上旬の台風21号で甚大な被害が受けました。

こういう自然災害によって、単発のお客様は逃げやすくなります。

「こんな場合にエステなんて行ってる場合じゃない」って。

 

通い続ける+買い続ける そんなサービスを作り出してみてください。

関連記事

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031